新型ラパン値引きの秘訣

新型ラパンの2015年の値引き事情

値引きのポイント

デザインの可愛さと実用性が人気のLapin!
2015年6月に登場した新型ラパンは、
女性からの圧倒的な支持の高さから
大きな値引きは難しいといわれています。


近年の軽自動車人気も影響しています。


そこで当サイトでは早速人気になっている
新型ラパンの値引きの秘訣を具体的に
紹介しています。
ディーラーでは教えてくれない情報なので、
ぜひポイントを順番にご覧ください。

新型ラパンの値引きの秘訣

車体価格だけで判断しない。

車を購入する時には、車体価格の他にも、
諸費用やオプション費用、手数料などが
必要になります。


車体価格が安くても、代行手数料などが
高いお店もあります。
車の購入は総額で考えることが大切です。


また、もう1つの大切なポイントは、
値引きに加えて今お乗りの車の下取り額は
資金の重要項目になるということです。

営業マンを値引きに導くには「競争・比較」が重要!

まずは最寄りのスズキのディーラー店で
新型ラパンの見積もりをとってもらいます。
1店目のその金額をベースの金額に定めて、
値引き交渉を始めていきましょう。


複数の店舗をまわると分かりますが、
オプション費用や諸費用が違ったり、
キャンペーンをしていることもあるので、
この段階でも値引き額に差が出ます。


そして、お店同士を競わせましょう。
「あのお店では〜」という客の言葉は、
値引きにとても効果的です。


新車の見積もりに複数店舗を回るのは、
少し面倒ですよね?
しかし、頑張って店舗を回って下さい。
平均的な相場よりも安い良いお店に
出会えることもあります。

車の値引きと下取りは同時には行わない!

これは車好きの人にとっては常識ですが、
知らない人からすれば重要なポイントです。


車の値引き交渉や購入の時に愛車の下取りも
同時にお店にしてもらう人も多いですが、
営業マンのその罠に引っかかってしまうと、
実質の値引き額が不明になってしまいます。


例えば、100万円の車を80万円で
買いたいと思っているとしましょう。
お店は90万円を提示してきました。
これ以上は簡単に譲る気は無いようです。
車の下取りも一緒にさせてもらうと、
今の愛車を50万円で買い取れるので、
80万円に値引きしますと言われました。


「80万円」の言葉を聞いて、OKする人が
実に多いんです!
しかし、冷静に少し考えてみて下さい。
その愛車が本当は60万円で買い取るべき物
だとすればどうでしょうか?
客は希望価格に値引かれたと大満足ですが、
実質値引かれていないというトリックです。


新車・中古車の見積もりと愛車の下取りは別々に行うのが基本です。

車の下取り(売却)も競わせることが大事!

購入する時は競わせることが大切ですが、
下取りも競わせることが大切です。


最大限に値引きさせた額で購入するには、
下取り額を増やすことも必要です。
現在お乗りの車が10万円高く売れると、
新型ラパンが実質10万円値引かれたのと
同じことですね。


そこで上手く活用したいサービスが、
インターネットの一括見積もり比較です。
インターネットから1度申し込むだけで、
複数業者から最高値で買い取ってくれる
業者が簡単に見つかります!


お金もかからず、時間もかからないので、
忙しい方や少しでも次の車にお金を使いたい
と思っている人におすすめです。


さらに一括査定のメリットがもう1つ!
新車の見積もりに行くよりも前に、
愛車のネット一括査定を済ませておきます。
それで下取りの最高価格を知っておけば、
「60万円なのに50万と言ってるな。」
ということが分かるわけです。
そして、仮に販売店が70万と言えば、
迷わずに販売店に売ればいいだけです。


つまり、一括査定を申し込むことで、

  • 愛車を最高額で売却できる
  • 実質最大の値引き額で購入できる
  • 販売店のトリックに引っかからない

わけです。


一括査定が値引きには欠かせないことが
分かっていただけたかと思います。

新型ラパンを最大限の値引きで買う裏技のまとめ

最もお得に車を購入するためには、
値引き交渉と下取りは同時に同じ店で行わないことです。
実質の値引き額が分からなくなって、
損をしてしまうことも多いです。


そして、できれば最初にネット一括査定に
申し込み、買取上限額を知っておきます。
そして、ディーラー店をいくつか回って
購入の見積もりをとってもらいましょう。
複数の商談から最も安いお店を見つけて、
どのお店で売れば一番高いのか、
どのお店で買えば一番安いのかを決めて、
話を詰めていきましょう。


まずは、愛車を一括査定してもらって最も高い買取り額を知ることが重要です。


最大15社から見積もり比較するならコチラ↓